どこで止めるかをしっかりと考えること

パーレイ法最大の弱点とされているのが、止めるタイミングが判断し辛いことです。本来はどこかで止めて、また1からスタートすることを考えます。攻略法の多くは、終了するタイミングをしっかり持っているものの、パーレイ法は終了するタイミングが任意になっています。従って利用しているユーザーによっては、ゲームを止めることができないまま続けてしまい、失敗することもあります。

ある程度の利益が出たらストップしよう

一定の利益でストップ

2倍のゲームを使ってゲームを進めて、パーレイ法を使うことが多いのですが、結果的に止めるタイミングを逸してしまい、多額の利益を失ってしまうことがあります。勝ったことで多くの利益が生まれているのに、更に倍々ゲームを続けたことで失われてしまう、そうした状況は結構起こりやすいです。オンラインカジノは、確率によってある程度勝ちやすいゲームもありますが、外れてしまうことは多くなりますし、外れる確率は連勝をすることにより大きくなっていきます。
もし連勝を続けることによって、100ドル以上の利益が生まれているなら、その時点でストップした方がいいでしょう。ストップしたことで、100ドルもの利益が生み出されることになり、1ドルからスタートしたのに多くの金額をもらっていることになります。パーレイ法は、1ドル・2ドルと言った少額からより多くの金額を得ることを想定して作られたものですから、ある程度連勝をすることは当然です。ただストップするタイミングを逸してしまうことは、絶対に避けてください。

200ドル以上でほぼストップさせること

必ずストップさせることを忘れずに

1ドルスタートの場合、128ドルから更にパーレイ法で勝負をすると、256ドルを得られるようになります。次に勝つことができれば、その時点で512ドルという高額な利益を生むことになりますが、次に勝つことは10連勝をしていることになります。10連勝はそう簡単に起こることではありませんから、基本的に200ドルを超えた段階でストップしてください。
確かに200ドルを超えるようになると、もっと勝負をしたい、外れても失うのは少しだけと思ってしまいます。ただ200ドルも失ってしまうと、稼いで取り返すことがかなり難しくなっているので、失敗する可能性も大幅に高まってしまいます。
256以上になってしまった場合は、その時点でストップすることが望ましく、失敗する可能性を減らしてください。失ったものは大きく、また戻すことはオンラインカジノでも相当困難だからです。