ネットカジノを違法で運営し摘発されたドリームカジノ事件とは

ネットカジノで遊ぶこと自体に違法性はありませんが、中には日本国内で違法に運営しているネットカジノもあります。
最近では少なくなってきたと言われていますが、それでもまだ存在しています。
もちろん、日本国内でネットカジノ運営が特別許可された事例は一切なく、発見されれば確実に摘発され、プレイヤーも罪に問われるケースがあります。
  
過去には「ドリームカジノ事件」と呼ばれるネットカジノ摘発事件があり、テレビや新聞でも報道されました。
そこで今回は、ネットカジノを違法で運営し、摘発されたドリームカジノ事件とは何なのか?どうして摘発されたのか?プレイヤーはどうなったのか?などを詳しく解説します。

ドリームカジノ事件とは

ドリームカジノ事件とは
 
ドリームカジノ事件とは、2016年6月にネットカジノのドリームカジノを運営する5人が逮捕された事件です。
それまでインカジ店、いわゆる店舗型のネットカジノの摘発は何度かありましたが、無店舗ネットカジノ運営では初の逮捕者となりました。
その後起訴され、「常習賭博罪」「常習賭博幇助罪」「賭博幇助罪」などの罪で有罪判決となり、懲役1年6ヶ月~3年の執行猶予が言い渡されました。

なぜドリームカジノは違法性を問われ逮捕されたのか

ネットカジノはインターネット上に数多く存在しているのにも関わらず、なぜドリームカジノは逮捕されてしまったのでしょうか?
 
ネットカジノを運営するためには、合法国政府が発行するライセンスを取得する必要があり、これを持たないネットカジノは違法運営になります。
ドリームカジノを調べると、キュラソー島のネットカジノライセンスを取得しており、一見すると合法で運営しているように思えます。
しかし問題はライセンスの有無では無く、「どの国を拠点としてネットカジノを運営しているのか?」という点です。
 
ドリームカジノはライセンス発行国のキュラソー島を拠点とせず、大阪四天王寺にて日本人向けに運営していたのです。
いくらライセンスを取得していても、日本国内でネットカジノを運営するのは違法であり、逮捕されても仕方の無いことです。

ドリームカジノを利用したプレイヤーはどうなったのか

ドリームカジノを利用したプレイヤーはどうなったのか
 
ドリームカジノでは9,500人を超えるプレイヤーが遊んでいたようです。
違法に運営していたドリームカジノのプレイヤーが逮捕対象になったのか、気になるところです。
 
インカジ店で遊ぶプレイヤーの場合、単純賭博罪が適用されますので、もちろん逮捕となります。
ドリームカジノ事件でも登録者リストが警察に発見され、誰が遊んだのか判明しています。
しかし、プレイヤーの逮捕には至らず、電話による「指導」「警告」のみで事なきを得ました。
中には、ドリームカジノに貯めていたお金の不払いを受けたプレイヤーもいたようですが、全員逮捕という最悪の結果は免れました。
 
キュラソー島のライセンスを取得し、海外で運営している合法ネットカジノだと思っていたにも関わらず、実は日本国内で違法運営していたのですから、プレイヤーにとってはいい迷惑だったと思います。

ドリームカジノ事件が今後プレイヤーに与える影響

ドリームカジノ事件が今後プレイヤーに与える影響
  
実はドリームカジノ事件が発生した2016年は、他にもスマートライブカジノ事件やNetBanQ事件など、立て続けにネットカジノに関する事件が発生していました。
警察がネットカジノの取り締まりを強化しているかわかりませんが、現段階では大きな影響を与えることは無いと考えます。
その理由は、ネットカジノに関する法律が存在しないからです。
法律が存在しない以上、ネットカジノで遊んでも違法性が問われることはありません。
しかし合法でも無いため、俗に言うグレーゾーンであることに間違いはありません。
 
もちろんそれは、ライセンスを取得して海外を拠点に運営している合法ネットカジノに限った話で、ドリームカジノのように日本国内で運営するネットカジノで遊ぶのは違法行為です。
ドリームカジノ事件が直接的にネットカジノ規制に影響があるとは思いませんが、今日本ではカジノ法案が成立し、IR誘致へ積極的に動いています。
その結果として、同じジャンルであるネットカジノに関する法律が作られる可能性もゼロではありません。

まとめ

今回は、ネットカジノを違法で運営し、摘発されたドリームカジノ事件とは何なのか?プレイヤーはどうなったのか?などについて詳しく解説させていただきました。
 
ドリームカジノは、ライセンスを取得しているネットカジノでしたが、日本国内で運営していたため、違法性が問われて逮捕に至りました。
しかし、ドリームカジノのプレイヤーは警告止まりで、逮捕されることはありませんでした。
 
ネットカジノで遊ぶことに違法性はありませんが、日本国内で運営するネットカジノで遊ぶのは違法となります。
また、ライセンスを取得しているネットカジノでも、ドリームカジノのように拠点を偽って運営しているサイトは今でも多く存在しますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です