国の面子にもかかわるカジノの安全性

オンライン上の合法ギャンブル

オンラインカジノは海外ではよく知られたギャンブルで、その遊びやすさから世界に3千万人以上ものプレイヤーが、日々オンラインカジノでギャンブルを楽しんでいます。

オンラインカジノは、一般的なギャンブルのように営業時間を設けず365日24時間運営されているので、自分の時間を優先してギャンブルを楽しめます。
また、パソコンの他にスマートフォンからも利用できるゲームがあるので、スマートフォンでアプリゲームを楽しむ感覚で手軽にギャンブルを行うことができます。
その他にも最高賞金額も非常に高く、運が良ければワンプレイで20億円以上の大金を手にすることも可能なので、ギャンブルの魅力である賞金の面に関しても他のギャンブルより優れています。

オンラインカジノはこうした魅力あるギャンブルなのですが、日本にはオンラインのギャンブルが存在しないため、どうしてもインチキやイカサマがあるのではないかと疑ってしまいます。
しかしながら、オンラインカジノが3千万人というプレイヤー数を抱えるビッグギャンブルとして存在しているのかというと、それはインチキやイカサマの心配がない安全なギャンブルであるからです。

オンラインカジノはカジノ合法国に拠点を置く会社により運営され、その運営は合法として認められています。
つまりオンラインカジノは、海外では日本の競馬などと同じ合法ギャンブルとして成立しているのです。
海外政府により法律で認められているギャンブルが詐欺などを働いてしまった場合、その国にとって大きなイメージダウンとなります。
例えば日本の合法ギャンブルの一つである競馬にインチキやイカサマがあったとすると、それは日本国内だけでなく、海外のニュースでも取り上げられ、日本のギャンブルは危ないと報道されることでしょう。

オンラインカジノは、オンラインギャンブルという一般的なギャンブルとは異なる特徴を持っていますが、運営を許可するライセンス審査はオンラインの要であるゲームのソフトウェアにも及ぶため、オンラインカジノのサービスにインチキやイカサマが入り込む余地は一切ありません。
そして、ギャンブルは必ず運営会社側に利益が出る仕組みとなっているので、オンラインカジノ側がわざわざリスクを抱えインチキやイカサマを行うことはありません。

運営会社がすべてを取り仕切っているわけではない

オンラインカジノは高い安全性を維持するために、その運営の仕組みにも気を配っています。
オンラインカジノの運営は、運営会社とソフトウェア会社、それに決済会社と三つの会社が関わることにより成り立っています。

ソフトウェア会社はプレイヤーが実際にギャンブルを行うゲームを、決済会社は入出金をと、オンラインカジノにおいて重要視される部分を運営会社以外の会社が請け負っているため、ゲーム、決済に関して運営会社側が直接手を出すことは出来ない仕組みになっています。
その結果、ゲームはもちろん、入出金においても不正は一切なく、払い戻しが行われなかったりするようなインチキに遭うことはありません。

そして、運営を始めるためのライセンス取得の審査では、利用するソフトウェア会社、決済会社もチェックを受けることになります。
その外部の会社へのチェックも運営会社同様にかなり厳しいものとなっているので、ライセンスを取得し合法運営しているオンラインカジノは、サービス全般において安心して利用することができます。

ライセンスを持たない悪質オンラインカジノもある

現在、オンラインカジノは世界に2千前後あると言われています。
しかし、そのすべてのオンラインカジノが安全なわけではありません。
オンラインカジノの中には、海外政府が合法ギャンブルと認めるライセンスを持たずに違法運営している、いわゆる悪質オンラインカジノも存在します。
そうした悪質オンラインカジノでは当然のようにインチキ・イカサマが行われているので、誤って利用してしまうと入金した金額すべてを失ってしまいかねません。

合法と認められたオンラインカジノの運営会社は、サイトに必ずライセンス情報を掲載しています。
どこの国の政府から発行されたライセンスなのかが一目でわかるようになっているので、オンラインカジノを利用する際はまずこのライセンス情報を探す必要があります。

どれだけ他のオンラインカジノよりも魅力的な部分があっても、ライセンス情報が掲載されていないオンラインカジノの場合、違法運営している悪質オンラインカジノである可能性が非常に高いので、そうしたオンラインカジノには絶対に手を出してはいけません。
逆にオンラインカジノと検索し、検索上位に名が上がっているオンラインカジノは、大手オンラインカジノであるため、ライセンスの取得はもちろんサービスのクオリティも高く、オンラインカジノ初心者でも安心して楽しむことができます。
そして、大手オンラインカジノの中には日本語に完全対応しているところもありますので、英語に不慣れな場合でも言語の壁につまづくことなくギャンブルを楽しむことができます。

このように大手オンラインカジノならば誰でも安心して利用できますので、初めてオンラインカジノを利用する際は、検索上位に表示されるような大手オンラインカジノを選ぶことをおすすめします。

少ない実入り率で健全運営を実現しているギャンブル

家に居ながらにして本格的なカジノゲームが楽しめるオンラインカジノが人気です。
楽しく遊べるオンラインカジノですが、安心して楽しむためには運営への信頼性が求められます。
中には怪しげなサイトも有るといううわさもささやかれるオンラインカジノですが、運営や仕組みはどのようになっているのでしょうか。

今回は、オンラインサイトの気になる疑問について解説します。

オンラインカジノの運営とその仕組み

オンラインカジノの運営とその仕組み

そもそもオンラインカジノはどのような仕組みで運営されているのでしょうか。
実はオンラインカジノ運営はリアルカジノとほぼ同じ仕組で運営されています。
リアルカジノは運営企業が国や自治体に申請し認可を受けた上で営業していますが、オンラインカジノも同じようにサーバーが設置されている国の認可を受けた上で事業を行っています。
きちんとしたオンラインカジノには必ず認可を受けたことを示す表示がサイト内に掲載されています。

いわゆるカジノライセンスと呼ばれる運営認可を受けるためには事業内容や資本金、犯罪組織との関わりの有無などを徹底的に調査された上で、事業を行うのにふさわしいと認められる必要があります。
カジノライセンス発行に関する審査内容は国によって多少異なりますが、どこの国でも審査内容はかなり厳しく設定されています。
オンラインカジノ畝異国としてはジブラルタルやフィリピン、モンゴルなどいわゆる発展途上国が多いですが、発展途上国だからといって審査が緩いということはありません。
グローバルに運営するオンラインカジノは信用がなによりも大事なので、開業にあたっては詐欺や経営破綻など万一の事態がないことを証明する意味でも、厳しい審査をクリアできるよう万全の体制を整えています。

オンラインカジノは、サーバーが設置されている運営国の管轄となり法律もその国の規制が適用されます。
日本国内ではカジノは違法ですが、オンラインカジノはカジノが合法の国にサーバーが設置されている為、現在のところネット経由でプレイしても違法とはみなされません。

悪質/優良なオンラインカジノの見分け方

厳しい審査をクリアしてカジノライセンスを取得しているオンラインカジノであれば、信頼できる優良なサービスと考えて問題ありません。
カジノライセンスは発行国により信頼度が多少異なり、マン島やジブラルタル発行のライセンスは審査が厳しいとされており、健全経営を疑う必要はありません。
審査が甘めというのはチェックの厳しさよりも審査完了までの期間の問題で、条件さえ整っていれば他の国よりも審査開始から認可が下りるまでの期間が短いことから審査が甘いと言われています。
問題なく楽しめるだけの信頼性は担保されているので安心してください。

悪質/優良なオンラインカジノの見分け方

カジノライセンスを取得していない未認可オンラインカジノは「闇カジノ」「モグリカジノ」などと呼ばれることもある危険なサイトです。
国による認可を受けていないため経営の健全性や犯罪組織と関わりがないことが証明されていません。

オンランカジノは、勝率や払戻率なども厳しく規制されており運営の収益が一定以上にならないように制限されていますが、未認可のオンラインカジノの場合、そのような規制が無いため運営の取り分が法外な水準に設定されている可能性もあります。
万一運営が破たんしても保証などは一切なく、預入金の扱いについてもとても信頼できるものではありません。

カジノライセンスの有無は悪質なカジノを見分ける最も簡単で有効な方法です。
オンラインカジノで遊ぶなら必ずカジノライセンスを取得している優良なサイトを選んでください。

オンラインカジノの入出金方法

オンラインカジノの入出金方法として代表的なのは「電子決済マネー」「クレジットカード」「仮想通貨」の3つです。

電子決済マネーはオンラインカジノで広く用いられている入出金方法です。
ecoPayzやiWalletなどの電子決済サービスで口座を作成し、口座経由でオンラインカジノにお金を出し入れできます。
電子決済マネーは銀行口座と同じような感覚で利用できますが、国境を超えたお金のやりとりでは高い手数料と長い時間がかかる銀行口座とは異なり、素早く低コストで利用できるというメリットがあります。
入金方法は複数でも出金は電子決済マネーの口座のみというカジノも多いので、オンラインカジノを楽しむなら事前準備として口座を作成しておきましょう。

入金に便利なのがクレジットカードです。
VISAやMasterCardなど国際ブランドのクレジットカードがあれば、オンラインカジノに簡単に入金ができます。
その代わり出金には対応していないので、受け取り用に別のサービスを利用する必要があります。

最近急速に増えているのが、仮想通貨でのやりとりができるオンラインカジノです。
使用できる仮想通貨はビットコインで、ビットコインウォレットから直接やり取りできるので手数料が圧倒的に安いというメリットがあります。
セキュリティも非常に高く安心ですが、相場の変動が激しいため購入のタイミングによってレートが大きく変動するという不安定さがデメリットです。

オンラインカジノは勝ちやすいのか

オンラインカジノの最大の関心事は「勝てるかどうか」です。
カジノゲームそのものを楽しむのもいいですが、多くの人が求めるのは勝率です。
カジノで勝って大儲けしたいというのはプレイヤーに共通する願いであり、一攫千金を夢見る人にとっては価値安さが全てと言っても過言ではありません。

オンラインカジノは勝ちやすいのか

結論から申し上げると、オンラインカジノは他のギャンブルと比べて勝てる可能性が高いゲームです。
ギャンブルにはそれぞれ賭け金に対していくら払戻金に宛てられるのかを示す、ペイアウト率が設定されています。
賭け金総額を100万ドルに対し払戻金が50万ドルならペイアウト率は50%、80万ドルならペイアウト率は80%となります。

ペイアウト率はギャンブルの種類によって異なります。
日本を例にすると宝くじやtotoのペイアウト率は約50%、競馬や競艇は約75%と法律で決められています。
オンラインカジノのペイアウト率はリアルカジノよりも高めに設定されています。
これは施設維持費や人件費などがいらず浮いたぶんの経費を払い戻しにあてていること、競争が激しく少しでも多くの顧客を獲得するためにペイアウト率を戦略的に高めに設定していることが大きな理由です。

サイトによってばらつきはありますが、オンラインカジノのペイアウト率は95~98%と非常に高い水準に設定されています。
際限なく遊び続ければ若干負ける計算になりますが、カジノでは必ず勝敗に偏りがあるためペイアウト率が高いほど勝てるチャンスも高まります。
絶対勝てるという保証はありませんが、他のギャンブルと比較すれば確実に勝ちやすいのがオンラインカジノです。

オンラインカジノの勝利金と税金

オンラインカジノで勝利して得たお金は、電子決済マネー口座などを経由して手元に戻ります。
出勤時に手数料などは発生しますが、それ以外に差し引かれることはありません。

ここで注意しなければいけないのが税金です。
オンラインカジノで勝利して得たお金は一時所得として課税対象になります。
一時所得には50万円を上限に特別控除額が設けられているので、勝利金が50万円以下であれば納税は必要ありません。

オンラインカジノの入出金は全てオンライン上で処理されているので隠すことは不可能です。
勝って手にしたお金が申告必要額を超えていたらきちんと確定申告しましょう。

公営ギャンブルに対する優劣ポイントを見極める

皆さんはオンラインカジノというギャンブルをご存知でしょうか?
つい1、2年前にカジノ法案が国会で可決してオンラインカジノの存在もクローズアップされてきました。
では、オンラインカジノとはどんなものなのでしょうか?

公営ギャンブルに対する優劣ポイントを見極める

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノとは、インターネットを利用して海外のカジノサイトに公開されているカードゲームやルーレット、あるいはスロットに、電子決済による賭け金を元手に賭けて配当金を当てていくギャンブルです。
その仕組みはオンラインカジノの胴元(運営者)が、専用サーバーの中に、カジノのゲームアプリを格納して、そこにプレイヤーがアクセスしてエントリーする仕組みを取っています。

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノはインターネット上でのバーチャル型ギャンブルなので、ネットが接続型できる環境があれば、何時でも何処からでも参加することができる点が魅力と言えるでしょう。
しかも、スロットマシンなどを中心とした高画質のビデオゲームは勿論、カメラを使ったライブカジノでのブラックジャックやルーレットのようなテーブルゲーム等様々なゲームを、パソコン画面やスマホなどのモバイル端末から堪能できるので、臨場感のあるギャンブルに気持ちを熱くさせます。

オンラインカジノは法的にOK?

オンラインカジノは法的にOK?

そんな楽しくなるオンラインカジノですが、日本では法律的な制約はないのでしょうか?

日本のギャンブル事情を話すと、法的に認められているのは、競馬や競輪、宝くじのような公営ギャンブルのみです。
カジノは国内で運営すること、参加することは禁止されています。

しかし、 オンラインカジノは海外で運営されており、インターネットでそこまで行って賭けることになるので、海外旅行中で、カジノでギャンブルすることと似ている認識なのです。
その結果、日本でもオンラインカジノが違法と断定されることがありません。

但し、オンラインカジノを正式に認可する法律も整備されていないので、合法化されているとも言えないのが、現実的なところです。
それでも取り締まる法律が存在しないことから、違法とならないことも認識しながらプレイすることです。

公営ギャンブルとの違い

競馬や競輪などのギャンブルとオンラインカジノの違いは何処にあるのでそょうか?
確かにインターネットですぐにエントリーして手軽に参加できる点も大きな違いなのですが、それ以上に目立った相違点としては、ペイアウト率が異なることでしょう。

ペイアウトとは配当金の払い出しのことを意味していますが、その率はオンラインカジノの方が勝っていると言われています。
ペイオフ率とは、賭け金に対する配当金の率の指標ですが、競馬や競輪のペイアウト率は、80%~85%となっています。
一方のオンラインカジノの場合では、95%以上をキープしているとされています。
中には、ブラックジャックの99%と高いペイアウト率をマークしているゲームもあります。
時には100%を越えてしまう時もありギャンブラーからすると、とても恵まれたギャンブルと言えます。

賭け事なので、当然負けたり勝ったりすることがありますが、他のギャンブルと比べてみると、稼ぎやすいということが言えるかもしれません。

キャッシュフローは?

その一方でキャッシュフローについては、少しばかり工夫が必要でしょう。
キャッシュフローとは手元にどの程度の利益が残るかということですが、オンラインカジノの場合、海外サイトで会員登録をしてプレイすることになる為、配当金を当ててもすぐに現金化しづらいというサイトが少なくありません。
その結果、せっかく稼いだ配当金が手元に来ないために、キャッシュフローが悪化してしまうという状態になるわけです。

しかし、これも外部の決済手段と組み合わせることで、かなりハードルが低くなります。
現在ではエコペイズやアイウォレットといったような電子決済サービスがあるので、この仕組みを利用することで入金だけでなく、出金もスピーディーにおこなうことができます。
そのおかげでオンラインカジノでの現金化の問題もクリアさせることができるようになります。

優良オンラインカジノを選ぶこと

優良オンラインカジノを選ぶこと

これで安心してオンラインカジノで楽しむことができるのですが、悪質なオンラインカジノには注意が必要なことも忘れてはなりません。
世の中のオンラインカジノには、詐欺目的のサイトもあるからです。

残念ながら入金後、全くゲームに賭けることも参加することもできないと言うトラブルが起きています。
これは完全に詐欺的なサイトで被害に遭った典型的なトラブルの事例がです。
このような悪質サイトは間違いなくライセンスを持っていない所なので、会員登録をする前に必ずサイトにライセンスが掲示されているかを確認しておくことが、オンラインカジノでトラブルに巻き込まれない必須のアクションと理解しておいてください。
ライセンスの確認ができて初めて、安心して楽しむことができるようになります。

オンラインカジノが法的保証されている証

インターネットが普及してから、私達の生活がとても便利になってきたことは、誰もが認めるところでしょう。
生活スタイルだけでなく、ワークスタイルまで、劇的に変化しました。
しかし、それはギャンブルの世界も
大きく変化をもたらしているのです。

インターネットギャンブルといえばオンラインカジノ

インターネットギャンブルといえばオンラインカジノ

それはオンラインカジノの存在ですが、オンラインという名前が付いている通り、インターネットを活用したギャンブルです。
これに、今世界中からネットを通じて多くのプレイヤーがカジノのサイトに集まり、様々なカジノゲームで賭けて楽しんでいるのです。
まさにネット時代に相応しいギャンブルゲームなのです。

オンラインカジノの歴史

このオンラインカジノは、現在、世界中に約1.000サイトもあると言われているのですが、その歴史も1990年代まで遡るごとになります。
世界で初めて、オンラインカジノが生まれたのは、1994年にアンティグア・パーブーダという国が、オンラインカジノ運営ライセンスを発行する法律を可決させたことから始まったのです。

この頃は、Windows95がリリースされて、一般家庭でもインターネットが、普及し始めようとする時期です。
その後、イギリスやマルタ共和国、ジブラルタル、マン島といった国々がオンラインカジノのライセンスを発行するようになっていったのです。

ただ、この当時はネット回線の帯域がとても狭いことから、本格的なゲームの広がりを見せるようになってきたのは、ADSLや光回線などの高帯域のインターネット回線が普及するようになってからです。
それが今では、光回線が家庭まで広がり、外でもWi-Fi、LTEなどの普及もオンラインカジノの利用者を爆発的に増やすことになったのです。

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノの魅力・特徴

インターネットの普及と共に成長して行くことになるオンラインカジノの魅力は、手軽に参加できるという点に尽きるでしょう。
ネットならではの特徴と言えば、自宅からパソコンで簡単にエントリーできるという利点がありますが、それだけではなありません。

この数年の中で、スマートフォンやタブレットでも参加できるオンラインカジノが増えていることから、さらにプレイヤーの数が増えてきています。
そのおかげで、場所や時間に縛られることなく、オンラインカジノを楽しむことができるのです。

オンラインカジノの構成

では、オンラインカジノは、どのような内容になっているのか?
カジノのサイトで提供されているゲームは、スロット、ルーレットを始め、バカラやポーカー、ブラックジャックなど、カジノ定番ゲームのコンテンツが全て揃っています。
しかも、それぞれのゲームは色々なタイプのシリーズに枝別れして、数多くの種類が産み出されているので、1つにカジノサイトだけでも、500種類以上のゲームが提供されています。

また、これらのゲームはCGゲームだけでなく、実写のゲーム進行をストリーミング配信するライブカジノも生まれてきました。
そのおかげで本場カジノに勝るとも劣らない臨場感溢れるカジノを楽しむことができるのです。

オンラインカジノの法的な位置や法的扱い

オンラインカジノの法的な位置や法的扱い

こんな魅力あるオンラインカジノですが、日本でカジノで賭けることは違法に問われないのでしょうか?

確かに日本においても、国会でカジノ法案が可決しました。
しかしながら、それはあくまで定められた箇所でのカジノ運営のことであり、街中でカジノをすることは、賭博行為として、罰せられることになります。
そのように考えると、オンラインカジノも違法に問われるように終わられてしまうのですが、そのような心配な無用です。

現在、日本にオンラインカジノを規制する法律が存在しないからです。
詳しくみると、合法化されているオンラインカジノは、全て海外で運営されています。
そこにインターネットでアクセスして賭けることになるので、日本での賭博行為とみなされないのです。
ネットを活用するので、あたかも国内でプレイしているように思われるのですが、あくまで海外に行き、カジノで賭けているスタイルを取っているわけです。

もし、これが日本国内で運用されているカジノサイトなら、間違いなく賭博罪が適用されるので、注意が必要です。

オンラインカジノに詐欺やインチキはある?

日本国内にもしオンラインカジノサイトが存在していれば間違いなく違法となります。
そのような意味ではオンラインカジノサイトを見極めるポイントとして、海外にあるサイトがどうかと合わせて、カジノの運営許可証であるライセンスの有無も確認しておくことが重要です。

オンラインカジノが、世界中1,000サイトにもあることは、始めに述べたことですが、その中にはインチキな詐欺的サイトも存在しているからです。
会員登録~入金手続きまでは問題なくできるのですが、入金後、全くゲームに参加するこもができず、お金を騙し取られただけというトラブルがあります。
このような被害に合わないためにもも、ライセンスを持っているオンラインカジノに絞って会員登録することです。